[FlatCAM導入] FlatCAM 8.9(Beta)をmacOSXにインストールする


2020/10/11

卓上CNCを楽しむのに欠かせないのが基板のCADから切削加工用のg-codeを出力してくれるCAMソフトです。

今回は高性能でありながら無償で利用できるCAMソフト・FlatCAMのベータ版をmacOSXへ導入する手順をまとめてみます。

またFlatCAMのベータ版のLinuxOSへの導入手順はこちらの記事を参考にしてください。


FlatCAMのベータを利用する

まずはFlatCAMの最新ベータ版をダウンロード置き場から、アプリケーションフォルダに置き場にwgetします。なお現在(2020年10月)のところベータ版の最新バージョンはv8.933となっています。

            #とりあえずDownloadsで作業
cd ~/Downloads
#Homebrewのアップデートとユーティリティをインストール
brew update && brew pyqt wget
#現在のFlatCAM 8.9系(最新のベータ)をダウンロード
wget https://bitbucket.org/jpcgt/flatcam/downloads/FlatCAM_beta_8.933_sources.zip
#解凍
unzip FlatCAM_beta_8.933_sources.zip
#解凍したフォルダをアプリケーションに移動
mv FlatCAM_beta_8.933_sources /Applications/FlatCAM_beta_8.933
        
ひとまずFlatCAMのフォルダでの作業は保留しておいて、python周りの設定を先にやっていきましょう。


pyenvでtcl-tkの動作確認

FlatCAM8.9はpyqt5/tcl-tk8を利用したアプリケーションになりますので、どちらのライブラリも正常に動くかどうかを確認しておく必要があります。

ただし、tcl-tkより先にpyenvからpythonを入れてしまうとシステムのライブラリリンクの整合性が取れなくてエラーが出る時があります(
参考サイト)。先にpyenvにpythonをインストールしている場合には、アンインストールしておきましょう。

            $ pyenv versions
system
* 3.8.6 #👈すでにインストールされているバージョン

#一旦アンインストール
$ pyenv uninstall 3.8.6

#homebrewでtcl-tkをインストール
$ brew install tcl-tk

#python3.8.5をインストール
$ pyenv install 3.8.6
        
さてFlatCAMを正常に起動させるには環境変数の設定が重要です。きちんと.zshrc等の設定ファイルに正しくパスが通っているか確認しておきます。

以下は一例ですが、TkinterやFlatCAMが正常に立ち上がらない場合など、設定に何か不足していないか設定ファイルをよく確認して、編集しておきましょう。

            $ cat ~/.zshrc

#Python; pyenv
export PYENV_ROOT=$HOME/.pyenv
export PATH=$PYENV_ROOT/bin:$PATH
export PATH=$HOME/.pyenv/shims:$PATH
export PYENV_SHELL=bash

#pyqt5(Homebrewで導入したもの->現在の手元の環境では5.15.1)
export PATH=/usr/local/Cellar/qt/5.15.1/bin:$PATH
export PATH=/usr/local/Cellar/pyqt/5.15.1/bin:$PATH

#Tk/Tck(v8.6の場合)
export PATH="/usr/local/opt/tcl-tk/bin:$PATH"
export LDFLAGS="-L/usr/local/opt/tcl-tk/lib"
export CPPFLAGS="-I/usr/local/opt/tcl-tk/include"
export PKG_CONFIG_PATH="/usr/local/opt/tcl-tk/lib/pkgconfig"
export PYTHON_CONFIGURE_OPTS="--with-tcltk-includes='-I/usr/local/opt/tcl-tk/include' --with-tcltk-libs='-L/usr/local/opt/tcl-tk/lib -ltcl8.6 -ltk8.6'"
        
次に先ほどダウンロードしておいたFlatCAMのフォルダで作業します。

            $ cd /Applications/FlatCAM_beta_8.9**
$ pyenv local 3.8.5
$ pyenv versions
  system
  2.7.13
* 3.8.5 (set by /Applications/FlatCAM_beta_8.993/.python-version)
$ python -V
Python 3.8.5
$ python -m tkinter
        
合同会社タコスキングダム|蛸壺の中の工作室

tcl-tkが動いたら動作確認OKです。


python packages

それではFlatCAM.pyを動かすためのモジュールをpip経由で入れます。

            #👇requirments.txtからインストール
$ pip install -r requirements.txt

#もしくは最低限動作させるモジュールを個別インストール
$ pip install pyqt5 simplejson shapely reportlab \
    svglib vispy pyopengl rtree matplotlib rasterio \
    ezdxf svg.path fontTools ortools qrcode dill
        
好みの問題かもしれませんが、requirements.txtも余分なモジュールがそのまま残っている場合があるので、余計な容量を多少削る程度ですがpipで必須モジュールの個別インストールをしても良いと思います。

全てのインストールが完了し下ごしらえが終わったらFlatCAMを立ち上げてみましょう。

            $ python FlatCAM.py
        
合同会社タコスキングダム|蛸壺の中の工作室

ベータだけあって開発中の機能もありますが、大体これまでのバージョンのやり方で利用できると思います。


まとめ

今回はなかなかFlatCAMのアルファ版がpython3とpyqt5に対応しないので、ベータ版を利用して早めにそちらに移行したい人向けの内容になりました。

すこし設定が多かったりインストール手順が分かりにくいところもありますが、無事macOSXでもFlatCAM8.9-Betaが動作することが分かりました。

これからBeta版がきちんと問題なく動作するかを少しずつ検証していきたいといます。


参考サイト

FlatCAM beta 8.96 installation in macOS Mojave 10.14(英語サイト)

記事を書いた人

記事の担当:taconocat

ナンデモ系エンジニア

電子工作を身近に知っていただけるように、材料調達からDIYのハウツーまで気になったところをできるだけ細かく記事にしてブログ配信してます。